徒然草 序

つれづれなるままに、

日暮らし、硯にむかひて、

心に移りゆくよしなし事を、

そこはかとなく書きつくれば、

あやしうこそものぐるほしけれ。

 徒然草 序 明朝体ヴァージョン

 目次